【断捨離】捨てる辛さとこの上ない喜び

どうも、ゴンです。

 

ここ数日、クローゼットを開けては閉めてを繰り返しています。

捨てる洋服を見つけるため。

しかし、それがないのだ。

残り100枚近くあるのに。

普通に考えて、それだけあれば10~20枚ぐらいは捨てるのあると思うでしょ?

 

それがほっっっっっっんとにない(((^_^;)

 

ここから捨てるのはマジで勇気がいる。

買うのは簡単なのに笑

 

 

だーけーど。

昨日その勇気を振り絞って、洋服を捨てることが出来ました。

 

全部で8枚です。

 

そのほとんどが冬物でした。

捨てれた理由が、その洋服のデザイン性はまぁまぁ気に入っているが暖かくないこと。

今気づいたのですが、冬物であまり暖かくないって重症ですよね。笑

そんなんだから、いつも冬は厚着することになる。

 

捨てた内の一枚にTシャツもありました。

これでTシャツは全部で18枚。

ホント数字で見ると多く感じるなー。

でも実際は全部着ているし、どれも大切になっている。

実は今の俺にとってはこれが限界?

って思う時も。

 

 

いやいや。

 

まだまだあるはずだ。

実は愛着や捨てるのが勿体ないという感情に負けてるだけかもしれない。

 

当分、クローゼットの開け閉めは続くだろう。

 

8枚捨てるだけ、ずいぶんとスペースが出来ました。

これは自分だけかもしれませんが、

このスペースが出来るのが物凄く快感です。

この上ない喜びと言うんでしょうか。

手を離すまでは辛いのに、離してしまったら軽くなる。

これは私も一歩近づいた証拠なのか?ミニマリストに。

 

最後までのご愛読、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村

コメントを残す