【断捨離】物が減ったことにより見えてきた。自分に似合う色って…

ミニマリスト新参者、ゴンです。

日々、読者様には感謝申し上げます。

そして、さらなる応援の方、よろしくお願いいたします。

 


にほんブログ村

 

 

昨日大量に捨てを行った記事を書きましたが、【断捨離】大量の捨てを決行。100着→??

それにともない、こやつらも大量に余ってしまった。

 

今更とっておいても仕方がないので、無論ゴミ箱行き。増えることはないので。

(多分)

 

少し前はハンガーが足りないくらいだったのが懐かしい。

 

さて、本題に行きますか。

 

今日は「捨て」の記事ではありません。

「捨てた」ことによって、あることに気付いたのでそれを書きたいと思います。

 

 

今まで私は好きな服、好きな色の服を買っていました。

好きな服➝自分に似合う服。

まぁこれって当たり前ですよね?

誰しもが自分に合う服を買うのは。

ですがそこに好きな色が混じると少し状況が変わります。

私が洋服で好きな色は、黒、白、緑、青、グレーの5種類なんで、主にこのどれかの色を買ってました。

でも緑と白があまり似合ってないのに気付いたのです。

(もう少し正確に言うと緑のパンツは似合うが、半そでやアウターが似合わない)

そもそも、なぜ似合わないことに気付いたのか?

前々から緑と白があまり似合わないことは少しながら思っていましたが、昨日の大量に服を捨てた後、クローゼットを見て思いました。

それは現在残った服の8割が黒、青、グレーだったこと。

捨てる作業してる時、無意識にわかっていたんだと思う。

 

 

それにもう一つわかったことがありました。それは季節によって、服の色の多さが違うことを。

 

夏ならば青系が多い。

秋から冬にかけてはグレーが多い。

そして冬シーズンは黒が多いことを。

 

これって今までなら、わからなかったことだと思う。

てか、服が多すぎてわからなかった。

 

「物が少ない」ことで今まで見えなかったことが見えるようになるんですね。

これらのことを踏まえれば、今後さらに不要な物が見えてくるし、無駄なお金も使うことがなくなる。(だからと言ってお金は貯まらないけど)

 

最後までのご愛読、ありがとうございます。

ゴンのモチベーションアップに是非とも、ご協力お願いいたします。

 


にほんブログ村

コメントを残す