逆目の簡単な打ち方。グリーン周り編

どうも、ゴンです。

今日はグリーン周りからの逆目の打ち方をご紹介したいと思います。

 

 

まず最初に逆目とは何か。

芝が自分の方に向かって寝ている事を指します。

ですのでクラブが抜けにくいです。

そのためダフりが出やすくなります。

よくグリーン周りでダフるのはこの逆目が原因です。

 

これが順目だと芝がグリーンの方に寝ているのでクラブが抜けやすいです。なので比較的ダフりも少ないと思います。

ぜひ今度、グリーン周りから打つは芝を見てみるといいですよ。

順目か逆目がわかれば打ち方も変わってきますので。

逆目の打ち方

 

私が行っているのはただ1つ。

フェースを開いているだけです。

ここで注意したいのがスタンスを決めてからフェースを開くのではなく、フェースをピンに向けてからスタンスしましょう。

なぜスタンスしてから開いてはいけないのか。

それはスタンスしてからクラブを開くとフェースの向きが右を向くと思います。

そのまま打ってしまうとボールが右に出てしまうからです。それにシャンクも出やすくなります。

なのでフェースを開いた時は体も一緒に開くようにしましょう。

左足を半歩~1歩後ろに下げる感じですね。

あとはそのまま振ればOKです。

 

どのクラブで打てばいいのか

私はSWでボール上げて打ちます。なので少し強めに打ちます。(クラブも開いているため)

PWや9Iで転がしてもいいのですが、私はどうも転がしは苦手です。

 

どんなイメージで打ってるの

 

鋭角には入れずソウルを滑らす感じで打ちます。

あとは打った後も頭を残すようにしてます。

短いアプローチってボールの行方が気になりやすいので、頭を残すのと残さないとでは成功率もだいぶ変わってきます。

これ意識するだけでも全然変わりますよ。

その他に意識しているところ

 

・ボールの位置は若干左足より

・コックは使わない

・ゆっくりと振る

・クラブを短く持っている

・スタンスは両足がくっついている

 

まとめ

さて、いかがでしたか。

私が逆目の時に意識していることを書いてみました。

書いて思いましたが、自分でもこんなに意識していたんですね。少しびっくりです。

逆目ってホントに難しいですよね。ピンに寄せたいと思うあまり、ダフって30センチとかしか前に行かないこともしばしば。

なのでまずはグリーンに乗せることが第一ですよね。

何か一つでも読者様に役に立つ情報があればいいなと思っています。

では本日はここまで。

ご愛読、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す