トゥルーワイヤレスイヤホン、エラートバースを使ってみた。

 

最近YouTubeを寝る前とかによく見るようになったのですが、布団に入りながら視聴してるためイヤホンの線が邪魔でしょうがない。(子供が隣で寝ているので必然的にイヤホンが必要)

そこで快適に見るため、ワイヤレスのイヤホンを買おうと思ったのです。

ホント今は様々なタイプのイヤホンがあるんですね。(全く時代についていけない29歳。笑)

そこで私がどんなイヤホンを買ったのか、そして使ってみてどうだったのかをお伝えしたいと思います。

・まずは、なぜERATO VERSEを選んだのか

  • 1つ目は純粋に見た目がかっこいいと思い選びました。
  • 2つ目は完全独立型だったので(全く線がないことを言います)
  • あとは使ってみれば良さがわかるだろー。(っと安易な考えでした笑)

 

・買う前に悩んだこと

 

一番は音や映像を飛ばすことによる遅延です。

何がどう悩んだかというと、私が使っているスマホのコーデックがSBC,APT-Xに対してERATO VERSEはSBC、AACだったのです。

簡単にいうと映像や音声を転送することですね。

SBCが標準なのでAPT-XやAACはSBCに比べると音も良く遅延なども少ないです。

ちなみに私のスマホはAPT-X対応、ヴァースはAAC対応。

ってことは結局、標準のSBCで送受信することになります。汗

ちなみに私のスマホは

ドコモのAQUOSーSH-01Hです。

(私が使ってるスマホはヴァースが発売する2年ぐらい前なので対応規格が一段階古い。Bluetoothも私のスマホは4.1に対して、ヴァースは4.2など)

・使ってみて良かったところ

・遅延が思ったより少なかった(YouTube視聴時)

・通話も出来る(マイクが内蔵してある)

・音が私好み(重低音がしっかりと出ている)

・悪かったこと

・電子レンジを使っているときに近寄ると音が出なくなる。

・音が一瞬切れるときがある

・常に青のLEDが点滅してる(暗いところだと結構目立つ)

・簡単な使い方の説明

左側left(こっちが親機)

  • ボタン1回=ストップ&スタート
  • ボタン2回=音量下げ
  • ボタン長押し(1秒)=電源オン
  • ボタン長押し(3秒)=電源オフ(左側でオフにすると右側もオフになる)
  • 電源オフの時ボタン長押し(3秒)=デバイスとペアリング
  • 再生中ボタン長押し(1秒)=前のトラック
  • 着信中にボタン1回=電話に出る

右側right

  • ボタン1回=ストップ&スタート
  • ボタン2回=音量上げ
  • ボタン長押し(1秒)=電源オン
  • ボタン長押し(3秒)=電源オフ
  • 再生中ボタン長押し(1秒)=次のトラック

・その他

  • 防水機能付き(生活防水レベル)
  • メーカー1年保証付き

・使ってみた感想

 

思っていたよりノイズ音は気にならなかったし、音自体も悪くなかったです。

元々、音の質は二の次だったので。

私の体感だと音はクリアーで重低音もしっかり出ているといった印象です。

(小学生並の感想だなおいっ笑)

肝心の遅延はYouTube見る限りでほぼ気にならなかったです。

ホントよーく見ると若干ですが遅延が生じてますが、許容範囲でした。

(そもそも無線なのでほんの少しの遅れは覚悟はしてました。)

モンストで試したら、ワンテンポからツーテンポぐらい遅れてました。(これはマジでストレスです。怒)

買った目的が布団に潜ってYouTubeを見たかっただけなのでそれ以外の遅延は特に気にしていません。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す